門松とは(門松の歴史)。

門松とは(門松の歴史)

門松の歴史や門松飾りについて

●門松とは

門松
おせちと共に、正月に欠かせない存在ですよね。

ちなみに、門松飾りは「正月飾り」「松迎え」ともいいます。

正月にやってくる「年神様」を迎える目印としての意味をもちます。
神様が最初に降りてこられるところ、という意味あい。
そしてまた「神の依代」の役目を果たすものとして飾られた、とされています。

●門松を飾る時期って?

門松を飾る時期ですが、大体26日から30日の間に立てられることが多いです。

ただし、立てるのを避ける日があります。
それは、29日と31日とされます。

29日は「苦松・苦待つ」、「苦立て」 といわれます。
また、31日は「一夜飾り」として避けるのが良いと考えられています。

門松は縁起物ですので、値切って買うという事も、あまりよくないとされています。

●門松の歴史

門松の歴史。
実は歴史は古く、遠く中国は唐王朝の時代にまで遡ります。
実際に日本に門松の風習が入ってきたのは平安時代だと伝えられています。

当時の貴族が年中行事の際に使っていたのでしょうね。

今の正月に使われるように門松が大衆化しおなじみのものとなったのは、江戸〜明治の頃、と考えられています。

●男松と女松

門松には男松と女松があります。
配置としては、左に雄松(葉が短くて細い)、右に雌松の配置となります。

本式の門松は向かって右側に雌松、向かって左側雄松の左右一対で飾るとされます。


⇒ 楽天市場 門松 商品一覧
⇒ 楽天市場 ミニ門松 商品一覧